えっどうして!?看護師によくある婚活の失敗例 医者との恋愛はうまくいかない

看護師によくある婚活の失敗例 医者との恋愛はうまくいかない

看護師女性は職場での異性との出会う確率が少なく、仕事も不規則なため、結婚適齢期を過ぎても結婚できない女性が増えています。ここでは看護師によくある婚活の失敗例について紹介しましょう。

 

【自分よりも年収が高い相手にばかりこだわってしまう】

看護師女性の年収は、一般的な社会人女性の平均年収よりも高く、安定した職業と言えます。女性であれば恋人や結婚亜家は自分よりも年収が高い人でないとダメ!と決めている人がいます。看護師の女性においても例外ではなく、自分よりも年収が高い男性を探そうとこだわってしまうところがあるのです。しかし看護師は夜勤手当などもつきますので、トータルの年収は一般的なサラリーマン男性と同等、あるいは高くなる傾向があります。そのため自分よりも年収が高い相手を見つけだすことができなくなる場合があるのです。ポイント紹介します!看護師に人気の男性像 頼れる人に惹かれる傾向がある理由

 

【看護師と医者の恋愛はうまくいかない?】

看護師婚活5
職場恋愛というと、男性看護師か男性医師が相手になります。医者は同業者であり、同じように不規則な生活を強いられていますので共感できる点も多く、男性医師とお付き合いをされている方、したことがある方は看護師女性の中で非常に多いでしょう。しかし看護師と医者の恋愛はうまくいかないとよく言われています。医者も非常に多忙な仕事であり、看護師と同様夜勤などもありますし、不規則な生活になりがちです。お互いが不規則な生活をしていると会う時間がなくなり、結果として恋愛が途中で終わってしまうことに。看護師と医者が結婚している家庭では、看護師女性が専業主婦として家庭に入り、夫である医者を支えているという夫婦が多くなるようです。

 

【仕事を優先してしまい約束できない】

婚活をする上で、相手と遊ぶ日や会う日を選ぶのは非常に重要なポイントです。しかし看護師として働いていると仕事が第一になりやすく、仕事を優先してしまい、男性と会う約束を取りつけることができないのです。婚活中に男性と出会うチャンスを失ってしまうと、婚活は上手くいかないでしょう。