看護師の婚活事情 あなたも将来のお局婦長になりたいの?

看護師の結婚が遅い理由  一人でも生きていけると思われている?

看護師として働く女性は婚期が遅い人が多いと言われています。ではなぜ看護師として働く女性は結婚が遅くなるのでしょうか?その理由について考えてみましょう。
看護師婚活1

【仕事柄生活が不規則である】

看護師という職業は夜勤があったり、常勤の場合でも3交代制などの場合にはシフトになったりすることもあります。また休日勤務などもありますので、一般的なサラリーマンと比べると生活リズムが異なります。また不規則な生活になってしまうため、彼氏がいたとしてもすれ違いで別れてしまうことも。また忙しくて異性と出会うきっかけがないという看護師の方も多いようです。仕事が多忙なため、休みの日は家でゆっくりしているという女性も多く、男性と出会う機会は少ないようです。そのため看護師のお正は結婚適齢期を過ぎても独身の人が多い傾向にあるのです。

 

【一人でも生きていけると思われている】

看護師の女性は国家資格を持っており高収入の職業になります。一般的な女性の年収よりも看護師女性の年収は高い傾向がありますので、結婚しないでも一人で生きていけると勘違いされやすいそうです。また仕事に打ち込みすぎてプライベートな時間をあまり充実させないという方もいるでしょう。キャリアアップしていく看護師女性は同世代に比べてたくさん稼げるようになっているため、結婚という選択肢を選ばないという人もいます。

 

【看護師のイメージと違うと言われる】

看護師と聞くと、白衣の天使をイメージされる男性が多いようです。そのようなイメージを持った男性は看護師がいつも天使のような笑顔でいてくれると勘違いしている人がいるのです。そのため実際に看護師女性に会ってみると、なんだかイメージと違うと思われがちなのです。白衣の天使を期待していた分、なんだか優しくない…家庭的ではない…と感じやすいようです。

 

もちろん看護師として働く女性の中には結婚適齢期に結婚される方も多数いらっしゃいます。焦らず自分らしく婚活をするのが望ましいでしょう。

 

お局婦長にならないために!婚活ができる環境に変化して

もしも今のまま看護技術だけを突き詰め病院へ奉仕するだけの生活ならばあなたはお局婦長への階段を踏みしめているでしょう。
ただここではそうならないための方法、あなた自身の生活を楽しめるよう変化する方法を紹介します!

 

将来子どもが産まれることも想定すれば転職して自分のライフスタイルを見つめましょう。

子供が生まれれば必然的に子供に適した環境を作る必要があります。もちろんそこで仕事をやめる人もいるでしょう。
他にも育休だけをとってその後はバリバリ働く人もいると思います。

 

そこでいまからそういった環境になれていくために転職サイトであなたのライフスタイルに合った病院を探す必要があります。
看護師の転職サイトにはあなたにあった病院の求人が多数あります。
上のリンクから転職サイトを調べたページに移動できるので転職サイトを一度見てください。